少年は今日も夢を。

ただひたすらすきなことを。

劣等感に苛まれた男

太宰治っておもしろい人ですよね。

彼女は突然そう言った。

太宰治人間失格の?」

『はい、そうです。本名津島修治。青森の出身です。』

「へぇ〜青森なんや。」

『はい。3回カルモチン自殺未遂を図って、4回目入水心中で亡くなられました。』

「え、カルモチンて何?」

あまり聞き慣れない単語が彼女の口からスラスラと紡がれる。

それは笑顔で話す彼女と合わなくて少しドキっとする。

『カルモチンは睡眠薬です。今風に言うとオーバードーズですかね?ちょっと違うと思うんですけど。1回目は芸妓さんと20歳の時に。父親貴族院議員だったので、いいとこの子っていうレッテルが苦だったみたいです。』

「へぇ〜、、、誰々の息子さんやん!みたいなのが嫌やったってことか。」

『そういうことだと思います。で、2回目は芸妓さんとの結納をした翌日に出会った既婚者の女性と。太宰は生き延びて、女性は亡くなったみたいです。』

「え、それってめっちゃ最悪なパターンやん。自分死にたかったのに相手死んでもうたみたいな。」

『太宰からすればまた死ねなかった、、、っていう絶望感でいっぱいですよね。まぁそんなことをしながら左翼の活動を精力的にしだして。それは3年くらいで終わっちゃうんですけど。その後に井伏鱒二の指導で中原中也とかと雑誌を刊行するんです。そこから執筆活動を開始するんです。』

「へぇ〜ここからなんや。」

『学生時代にも活動はしてたんですけどね。執筆活動に熱中し始めたのがこの頃ですね。』

「へぇ〜、、、で、次はいつ自殺未遂したん?」

何故か続きが気になって、彼女を少し急かす。

『3回目は太宰って大学に行ってたんですけど、授業料を払ってなくて除籍されてついでに新聞社の試験にも落ちちゃうんです。それがきっかけで。その直後に盲腸になって腹膜炎を併発しちゃって。その際に使われた麻酔をきっかけに薬物中毒になっていくんです。』

「え、急展開、、、」

『そうなんですよ。びっくりですよね。麻酔で薬物中毒になるなんて今じゃ考えられないですし。で、その頃芥川賞の最終選考に選ばれるんですけど、奇しくも逃してしまいます。』

「あ!誰かに手紙送ったやつ!」

『そうです。(笑)川端康成に送るんです。大悪党やと思いました。みたいな手紙なんですけど。』

「あれ?私を選んでくださいみたいな手紙じゃなくて?」

『それはその後ですね。翌年に晩年という著書を発表するんです。その際に川端康成にどうか賞を私に!みたいな手紙を送るんです。』

「それってなんでなん?賞が欲しかったから?」

『それは名誉挽回のためです。芸妓と結婚した上に自殺未遂を数回重ねてるわけですから。イメージ最悪ですよね?そのために賞が欲しかった、というのと、ただ単に薬を買うお金がなかったから賞金が欲しかったんです。』

「何その理由。最悪やん(笑)」

『そうなんですよ。最悪なんですよね。で、薬物中毒がひどくなってるんじゃないかって心配した井伏鱒二とかが結核治そうって騙して精神病棟に入院させて克服するんです。』

「へぇ〜、、、それで薬物中毒は治ったんや?」

『そうなんです。でも、その入院中に奥さんから浮気してたんですって告げられるんです。』

「何それ!ショック!」

『ですよね。太宰もショックを受けて奥さんと3回目の自殺を図るんですけど失敗して離婚しちゃうんです。』

「なんかもうひたすら散々やねんな、、、」

『もっと散々なんです。(笑)で、まぁ一回執筆から遠のくんですけど、また井伏鱒二が助けてくれて30歳の時に再婚するんです。』

「再婚すんの!?」

『はい(笑)嘘やん!?って感じですよね。そこからまた執筆活動を再開するんですけど、太平洋戦争があっていろいろ制限される中でも書き続けて、終戦後に愛人の元を訪ねるんです。』

「え、愛人おんの?」

『いたんです。その後にもう一人出会うんです。』

「え、愛人2人!?」

『はい。最後に出会った愛人と最期グッド・バイという小説の草稿と奥さんへあてた手紙と子供へのおもちゃを置いて入水自殺を図って亡くなるんです。』

 「壮絶すぎる人生やなぁ、、、」

『そうなんです。自分の家柄とか世間体とかを気にしてしまったが故に上手く生きれなかった人なんです。』

「かわいそうやなぁ」

『かわいそうなんです。でも太宰は一生懸命生きたんですよね。この不器用ながらもなんとか認められたいと頑張ってたのかなぁと思うと素敵だなって思うんです。』

そう言った彼女は、目をキラキラさせていた。

 

 

劣等感に苛まれた男

不器用すぎて好きなんです!と彼女は言った。

 

 

2人コンビニ

暫く、多忙な日々が続いた。

通勤ラッシュ前に出勤して、終電間際に帰社する。

そんな時間に受付が空いてるはずもなく、彼女に借りた赤い傘はデスクの横で佇んだまま。

その傘を横目に手を動かす。

次、会えるのはいつなのだろうか。

まぁ、受付に行けば会えるのだけれども。

「あ゛〜疲れたぁ、、、」

とりあえずお昼や、と思い、鞄を開ける。

「、、、あれ?、、、ん?、、、あ。」

そうやった。今日は買い忘れたんやった。

とりあえず財布を掴み、オフィスを出る。

今日は少し遅く家を出たからコンビニに行く時間がなかったんやった。

ポケットに手を入れ、会社近くのコンビニへ向かう。

「鮭と、塩むすび、、、あ、すみません、あ。」

『あっ、』

最後の塩むすびを取ろうとした時、隣のいなり寿司を取ろうとしていた彼女に出くわした。

『お疲れさまです。これからお昼ですか?』

「あ、うん。今日買い忘れてもうてな。」

『私もです。』

そう言って彼女ははにかむ。

『あの、良かったら一緒に食べません?』

「え、いいの?」

『はい、どうせ一人ですし。寂しいじゃないですか?』

そう言ってまた笑う彼女。

「じゃあご一緒しようかな?」

そう言うと彼女は小さく喜び、いなり寿司を手にした。

 

 

2人コンビニ

今日は快晴

 

 

高鳴る鼓動

あの日の君はもういない

 

「卒業証書授与。」

 

遠くでそんな声が聴こえる。

 

気づけばここでの生活も3年の月日が経っていた。

 

終わりの1年なんてほとんど教室で過ごした記憶がないし、特別仲が良い友達がいたわけでもなかった。

 

静けさに少し身を縮めながら、ポッケに手を入れ階段を上る。

 

『立ち入り禁止』と貼られたプレートを避け、更に上がる。

 

もうここに来るのも最後だ。

 

重たい扉を全体重かけて押せば、鬱陶しいくらいに雲のない青空が広がる。

 

『神山。』

 

「おう、、、卒業式出ぇへんの?」

 

『いや、神山もやろ。』

 

そういうとせやなぁと言いながらフェンスに凭れる、学校で唯一の友達である神山。

 

体育館からは卒業ソングが聴こえる。

 

「もう高校も終わりかぁ〜、、、お前どうすんの?」

 

『うーん決めてない。神山は?』

 

「うーんそやなぁ、、、お前を俺の嫁にしようと思うねんけどどう?」

 

そう言った神山は今までに見たことない顔をした。

 

 

高鳴る鼓動

まぁ、いいんじゃない?

 

 

 

 

 

こっちもなかなかの久々ですかね。

 

今回はみっくんの一文です。

 

 

このもらった一文、すごく万能なんですよね。

 

見た瞬間いろいろ出てきたんですが、最終卒業式の1コマにさせていただきました。 

 

お相手は神山さん。

 

前の一文と類似感否めないですがご愛嬌ってことで。笑

口角を上げずにはいられない

じゃあここなんで。と傘を渡されそのまま去っていった彼女。

傘を渡してくれた時に触れた手が少し熱い。

しかし、彼女がお喋りなことに驚いた。

伝説の他にもよく質問をしてくれて。

部活はやってたのか?とか大学はどこだったのか?とか。

その代わり、彼女のことも知れた。

彼女は大学在学中に留学していた帰国子女で、中国に行った時に笑窪の伝説の話を知ったのだとか。

もう中国語はあんまり話せないんですけどね。なんて言っていたけど。

「、、、帰るか。」

彼女が住むマンションを後に歩き出す。

彼女の社内の恐らくほとんどが知らないであろうことを沢山知れたことに少しの優越感を憶える。

小さく鼻歌を歌いながら彼女の傘で雨を遮りながら。

通りすがりの人達が振り向くけれど、今はそんなことはどうだって良かった。

この春霖さえも邪魔ではなかった。

最早こいつのお陰とさえ思い始めている。

こいつなんて言うたらあかんな、、、貴方様。

貴方様のお陰で彼女と近づけました。

「あ、、、。」

水溜りに革靴がはまったけど、今はそれすらも楽しかった。

 

 

口角を上げずにはいられない 

全部が俺の味方!

 

 

必然なのかもしれない

「ほら、行こ?」

『あ、はい。どうぞっ』

そう言って静かに傘を開いて半分空けてくれる彼女。

「どっち方面なん?」

『こっち、です。』

「お、じゃあ一緒やわ」

つい、嬉しくなる。

『重岡さん、笑うと笑窪、できるんですね。』

「ん?せやねん。けど変なところにできるからみんなから窪みってイジられてるねん。」

『窪みって、、、(笑)あ、知ってます?笑窪の伝説。』

そう言って、俺を見上げる彼女。

綺麗な目が俺をしっかり見つめている。

「伝説?」

『はい、人って死後は冥界というところに行くんですけど、そこに着いた時、冥界の番人をしている女の人がスープをくれるんです。』

「スープ?」

『はい。忘情水っていうんですけど。そのスープを飲んだら生涯で出会った人全て忘れてしまうんです。』

「全員?」

『はい。家族も愛した人も友達も全員です。でもその代わりと言ったら何ですけど苦労することなく来世に転生できると言われているんです。』

「もし、そのスープを飲まなかったら、、、?」

『中にはいます。愛する人を忘れたくない、と。そういう人には過酷な試練が待っているんです。』

「試練?どんな?」

『それはそこに行った人のみぞ知る、です。冷たい河の中でたくさんの試練を受けるらしいです。その試練に1000年、耐えると前世の記憶と笑窪がつけられるんです。』

「1000年も!?」

『はい。そこまでして愛する人ともう一度出会いたい、ということです。だから、重岡さんは前世に出会った大好きで仕方ない人ともう一度出会うために1000年の試練を耐えた素敵な人、ってことなんですよ。』

そう言った彼女の目は俺を捕らえて離さなかった。

 

 

必然なのかもしれない

どこかで会ったかもしれない

 

 

 

長雨が連れてきた

ここ最近の春霖で、寒い日が続いていた。

朝、天気予報を観ずに家を出た時は太陽が雲から顔を出していたので、今日は晴れや、と思い、そのまま出てきてしまったのだが、仕事を終え、帰社しようと外に出ると大粒の雨が容赦なく地面に叩きつけられていた。

「傘忘れたやん、、、」

こういう時に限って忘れる傘。

いつもは欠かさず鞄に入れるのに、連日の雨で一度鞄から出してそのままにしてしまった。

「濡れて帰るか、、、」

『あ、あの!』

背広を1着亡きモノにする覚悟でエントランスを抜けようとした瞬間、突然呼び止められる。

そこには、毎朝笑顔で挨拶をしてくれる受付の彼女が立っていた。

彼女は社内で美人だと有名の受付嬢。

タイトスカートから伸びる脚は細くもなく太くもなくスラッとしていて、後れ毛がを余すことなく纏めた髪は綺麗な茶色に染まっている。

そんな彼女は社内でよく話題に上がるが、誰一人として素性を知る者はいない。

そんな彼女が自分に声をかけてくれた。

『私、傘2つ持ってるんで良かったら、、、!』

「え、いいん?」

『はい、傘片手に傘さすの恥ずかしいじゃないですか、、、』

そう言って俯く彼女。

彼女も帰るのか、いつも見かける服装ではない姿に少しドキッとする。

「まぁそれもそうやなぁ、、、じゃあさ、あのー、、、二人で同じ傘さして帰ろうや?」

それやったら片手に傘あっても恥ずかしくないやろ?

そう言うと彼女は少し耳を赤くして微笑んだ。

 

 

長雨が連れてきた

それは偶然なのか必然なのか

 

 

主観でしかない妄想まとめ。

ただの暇つぶしです。

 

 

しげおかくん

しげおかくんはやはり、お隣さんにいてほしいよね。

お隣さんっていう小説(というかあれはただの文字の羅列)書いたくらいお隣さんにいてほしい。

たまにばったり会って、あっ、こんばんは、、、みたいな。

んで一緒にエレベーター(箱の方ってエレベーターよね?←)に乗ってちょっと無言、みたいな。

2人して今何階ですみたいな表示見つめる、みたいな。

降りるときは開のボタン押して先通してくれてすみませんっ、なんて言ってたらちょっとえくぼが見えてかわいい、、、なんて思ったり。

エレベーター降りてからもコツコツ、っていうしげおかくんの革靴(サラリーマン設定かよっていう)の音聴きながら歩いて。

最後におやすみなさい、ってハニカミながら言われたらもう良い夢見れると思うんだよね。

 

 

照史くん

照史くんは職場の上司かな。

3年先輩の教育係、くらいの位置が良い。

朝出勤したらもうすでにデスクにおって、おはよう!って笑顔で言ってくれて。

おはようございます。って返したらまたニコって笑ってデスクワークに戻る、みたいな。

11時くらいになったら腹減った〜って伸びし始めて、そんな桐山先輩と目が合っちゃって飯行く?みたいな。

いや、早いですって。なんて言ったら腹が減っては戦はできぬやん!ってご飯行かされるっていう。

けど毎回さらっと奢ってくれる優しい先輩、みたいな。

おっしゃ、今日金曜やし!美味しいビール待ってるから頑張るでぇ〜!なんて言いながらるんるんで仕事する桐山先輩。

部長とかにめっちゃいじられてるけど仕事めっちゃできるからポイント高い、みたいな。

てか仕事できるから部長も可愛がってる、みたいな。

仕事できたらちゃんとできるやん!やるやん!って褒めてくれる桐山先輩まじあざっす!みたいな。←

 

 

淳太くん

淳太くんはー王道は先生よね。高校の英語の先生、とか。

先生繋がりで大学の教授とかも良いよね。

社会学部やったはずやから社会学助教授。

チョークはちゃんとチョークケースに1本ずついれるタイプね。(今ホワイトボードか)

英語出てきたら筆記体で書くから何書いてるか分からんくてせんせーその英語何て書いてんのー?って聴くけど帰国子女やから発音も良くて、何言ってるか聞き取れん、みたいな。

でも英語喋れる淳太先生超かっこいい〜みたいな。

中国に住んでたから中国語のテスト勉強で分からんかったら社会学の勉強聞きに行くついでに聞く、みたいな。

俺、社会学やねんけど、とか言いながらちゃんと教えてくれる、みたいな。

最後は頑張れよって頭撫でてくるからちょっとときめく、みたいな。

また聴きに行きます!みたいな。

(ちょっと大学生やったことないから詳しいことは皆無分からない。)

 

 

神山さん

神山さんはバイト先の先輩。

レンタルショップのエプロンとか似合いそう。

学校終わって出勤したらフリーター神山さんはもう5時間くらい働いてて。

おう、おはよう、お疲れ。って言いながら売上確認してる、みたいな。

今日返却多いから手待ちでちょこちょこ行ってな。俺夕方からやってんねんけど全然終わらんねん。って眉間にシワ寄せる神山先輩。

ちょっと怖いけどかっこいい、とか思っちゃう、みたいな。

鼻歌歌いながら戻り品戻してたら機嫌ええやん!って笑顔で言ってくる、みたいな。

先輩と同じシフトやからですよ!なんて言えんくて、今日の晩御飯カレーなんです!とか言ってみる。

カレー好きなんか、可愛いやん。て言いながら頭撫でられる、みたいな。

何そのそれ!(語彙力)みたいな。青い春みたいなのが良い。(ド主観

 

 

流星さん

流星さんはもう同期が一番書きやすい。(書きやすいじゃない)

同期入社に必ず(ではないだろうけど)いるイケメンの男の子、みたいなポジション。

教育係の先輩張り切る、みたいな。

受付にいる事務員さんに色目使われてるけど本人気づいてない、みたいな。

仕事で行き詰まってたらはい、ってコーヒーくれる、みたいな。

最近頑張りすぎちゃうか?残業ばっかりやん。たまには休まな風邪引くで?って言いながら机の縁に腰かけて腕組みながらコーヒー飲んでる藤井くん。

そんなん藤井くんもやん。てもらったコーヒーに視線落としてたら、せやけどお前はなんか危なっかしいねん。今日はそれ飲んだら帰り。部長には言っとくから。って頭ポンってして自分のデスク戻る、みたいな。

なんやねん、、、ってなるけどそれがありがたかったり。

休み時間はしょうもない話してるけど妹好きっぽくてよく妹の話を聞かされる、みたいな。

家族大事にする人ってポイント高いよなぁ、みたいな。

 

 

濵田さん

濵田さんは断然パパ。もうパパ。上司とかも良いけど、パパがたまらんやばい。

ママ溺愛しつつ、子供大好き!みたいな。

よくできました!って言ってそう。

てか濵田さんが旦那さんとか絶対毎日幸せだと思う。

普通に言われたら恥ずかしいことをさらっと言ってきそう。

お父さんでも幸せよね。

濵田さんがお父さんやったら毎日まっすぐ家帰るし、休みの日に手繋いでお買い物してほしい。

パパ!これ買って〜!っておねだりしたら、もう、、、しゃあないなぁ〜ママには内緒やで?みたいな。

娘にゲロ甘なパパ濵田さん。

犬を飼うということみたいなパパ希望。←

 

 

小瀧くん

小瀧くんはとりあえず問答無用で弟か後輩。

弟だったら全力でシスコンしたいし、後輩だったら全力で冷たくしたい。

先輩!今日一緒に帰りましょうよ!てがっついてくるけど、やだ。てか今日部活やし。みたいな。

何時に終わるんすか!待ってますよ!待ってなくていい。てか家反対やろ。みたいな。

けどめげない小瀧くん。

部活終わって校門くぐろうとしたら待ってて、先輩お疲れ様っす!ってぴょこぴょこついてくる、みたいな。

待ってなくて良いって言ったやん。みたいな。

良いじゃないっすか〜!こんな時間に1人で帰るとか危ないですって!って言いながらなんだかんだ車道側歩いてくれる小瀧くんなんかキュンとする、みたいな。

 

 

 

以上、ただの自己満でした。