少年は今日も夢を。

ただひたすらすきなことを。

上下関係はもうお終いにして


3歩先なのに届かなくて。

今迄思い続けることしかできなかった。

「せ、先輩っ!」

『あ、重岡くん。久しぶりやね。』

俺より身長の低い先輩は上目遣いでニコっと笑う。

「はい、お久しぶりです。」

『あーあ。もう明日で最後かぁ・・・』

「そうすっね・・・」

先輩は明日、卒業する。

先輩に出会ったこの2年はあっという間だった。

『なんかあっという間だったなぁ〜。』

「放課後屋上行ったり、夜の校舎に忍びこんだりね。」

『あったねそんなこと(笑)中学生みたいなことしよ!って言ってね(笑)』

懐かしい!なんて言う先輩に今日こそは。


上下関係はもうお終いにして

明日から恋人になりませんか?


言い訳

今回はあかねちゃんの一文です。

(移行されたのでリンクは省略します。)

お相手は重岡くん。

奥手な重岡くんが勇気を出して卒業目前の先輩に告白をするというお話です。

青二才な感じを書きたかったのですが果たして汗