読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

少年は今日も夢を。

ただひたすらすきなことを。

フットワーク軽めのジジイが妄想するKinKi Kids編。


ついにキンキまできましたか。

ちなみに自分のヲタク人生の始まりはキンキの剛くんです。

父親が似てる。(無駄情

あの顔を受け継いだらイケメンだったんだろうなぁと←

そんな余談はさておき、バックナンバーは
です。



f:id:showmgon:20160528153222j:image
(先日舞台を観劇した際に購入したケータイケース)




しげおかくん
→『ね、頑張るよ。』
DREAMS COME TRUE吉田美和さんが作詞作曲(作曲は中村正人さんもされていますが)されているこの曲ですが、全体の雰囲気がなんともしげおかくんらしいと思うんです。
「君が言う"がんばって"を 捻くれず受け止められる 大きな人でいるよう がんばるよ」
大サビ前のこのフレーズがもう良いんですよね。
全体的に直球な歌詞なので、直球で生きてるしげおかくんに是非歌っていただきたい。

照史くん
→『Black Joke』
照史くんはなんとなくこの曲を歌ってる姿が浮かびました。
この曲を選びそうだなと思ったのと、この曲でかっこつけそうだな、と。
あ、貶してはいません。(補足
この曲すごく切ないんです。
「今さら愛情なんて言えやしない だけどお前を抱きしめて離せない」という歌詞。
「世界中でたったひとりってくらいの相棒」とあるように、信頼している人といいますか、気を許すほどの人といいますか。
大切な人に恋をしてしまうっていう、いやでもダメなんだっていうちょっと悲しい感じがもう!笑
ここは全力でかっこつけてほしい。
桐山照史が観たいですね。

淳太くん
→『Kissから始まるミステリー』
これはもう淳太くんこれでしょ!(笑)
「君が欲しい」ふぅふぅ!「君が欲しい」ふぅふぅ!「他には何にもいらないよ」がやりたい!(独断
絶対かっこいいと思うんです。
サビ前は淳太くんぽくないんですけど、淳太くんが歌ってる姿が想像できてしまって。
Kissから始まるミステリー以外考えられないですね。(笑)

神山さん
この曲は八乙女光くんがJr.時代に歌ってた曲ですが、めちゃくちゃかっこいいんですよね。
キンキにはちょっと珍しいバンド系の曲で。
しかし歌詞はちょっと悲しい関じなんですよね。
「今すぐに君を連れて 白い夜 見える場所まで 今すぐに風とらえて 蒼白いその腕を握ったまま」
サビの部分ですが、個人的に気に入ってる部分です。
この部分をドラムの音を感じながら神山さんには歌っていただきたいですね。

流星さん
これは流星さん歌ってたら絶対かっこいい!
ギラ☆ギラ」とか「カナシミブルー」とかだったら王道すぎて面白くないよなぁと思ってた矢先に浮かんだのがキミハカルマ
SixTONES松村北斗くんがザ・少年倶楽部で歌っていたのが記憶に新しいですが。
サビの「何度でも生まれて 何度死んでも 君に巡り逢ってしまう そのたび僕は 最初の恋をする」のところを歌ってほしい。
そもそもタイトルになっているカルマという単語ですが、サンスクリット語だそうで、普通に検索すると「業」という訳がされているのですが、簡単に言うと輪廻転生のようです。
歌詞にあるように何度生まれて何度死んでも君に出会うよ、というそんな意味だそうです。
流星さんにぴったりだと思いませんか?

濵田さん
知る人ぞ知る「3回打ちひしがれる事件」笑で有名な(?)ビロードの闇は是非濵田さんに。
ちなみにこのビロードの闇はキンキの21枚目のシングルで当時確か久しぶりに踊ってる曲、と言っていた記憶があります。
この曲のBメロかな?「砂漠のような辛辣なこの街の片隅 息をひそめ 肩...擁き寄せ 接吻をしたね」の部分。
ここ濵田さんが歌ってたらなんだか好き、、、!ってなりません?(お前だけだろ
曲調が濵田さんぽくないだけに是非聴いてみたい一曲です。

小瀧くん
→『恋涙
そろそろもう分かってるよ!と言われそうですが、小瀧くんには自分が一番大好きな恋涙を是非。
A.B.C.-Zの橋本良亮くんが歌っていたのが記憶に新しいですね。
この曲2番がすごく好きなんです。
「嗚呼…恋涙 ひとつあますことなく食べてあげる 死なせない 運ばれた命から 生まれたLove」
この部分は2番のサビなんですが、すごくロマンチックだと思うんです。
剛くんワールド満載な歌詞なのでこの曲はどういう曲なの?と思ってる方が多いと思うんですが、実はラブソングでして。
女性目線で書かれているのでよく読めば共感できる方、いるかもしれませんね。
そんなラブソングを小瀧くんにはやはりかっこつけて歌っていただきたいですね。


今回は直感で選んだメンバーもいますが、歌詞とかタイトルの意味とかで選んだ部分もありました。

次回は嵐編をお送り致しまーす